GRUNGE LABEL

SULK GRUNGE LABEL - サルク グランジレーベル

鋼材は塗装なしのオイルフィニッシュ、木材はSPF材や合板を意図的に使用、ラフで無骨に仕上げた特別なラインとなります。
塗装工程を無くし、木材も安価な物を使用しておりますので、よりお求めになりやすいラインナップとなっております。
ラフでインダストリアルな風合いがお好みの方は是非チェックしてください。

What is Grunge?

80年代末から90年代初頭にアメリカシアトルで発生した、Rockミュージックのジャンルの一つ。
様々なバンドがこのくくりに当てはまることになるが、中心となったのは NIRVANA(ニルヴァーナ)とそのフロントマン・カートコバーン。
彼らの、破れたリーバイス501にコンバースオールスター・Tシャツやネルシャツといったラフなスタイルによる演奏は、それまでのメジャーなロックのイメージを覆し、ノイジーなギターと、絶望感が漂う退廃的な世界観のサウンドと合わせて、「Grungy(見苦しい・荒れ果てた・汚い)」から「Grunge Rock」と呼ばれるようになった。
時間の経過とカートコバーンの死により、流行としてのグランジロックは終焉を迎えることになるが、そのサウンドやスタイルは「オルタナティブロック」として現在に至るまで一つのジャンルとして定着している。

その現在にも通じるファッション性の高さや、肩肘張らないラフなイメージを家具に落とし込んだのが「SULK GRUNGE LABEL」です。